横浜国立大学 理工学部 機械・材料・海洋系学科

極限材料工学研究室

准教授
大野 直子 OONO-HORI, Naoko
専門分野
構造材料、機能材料
主な担当授業科目
材料強度学I (3年)、結晶強度学 (3年)、材料工学実験I・II(3年)
E-mail
oono-naoko-yh@(@ の後に ynu.ac.jp を付けてください)
リンク
Researchmap-大野 直子新しいウィンドウが開きます
研究者詳細-大野 直子新しいウィンドウが開きます

極限過酷環境で使用される材料の開発

原子力材料を中心として、極限過酷環境で使用される材料を開発しています。微細組織がマクロな材料特性に及ぼす効果/影響を解析し、過酷環境で求められる材料特性のトレードオフを克服した材料を設計することを目的としています。主に「高温強度、耐酸化/耐腐食性、耐中性子照射特性」を追求します。

  • Precipitation of various oxides in ODS ferritic steels, Journal of Materials Science, 54 (11) 8786-8799 2019(共著)
  • Growth of oxide particles in FeCrAl- oxide dispersion strengthened steels at high temperature, Journal of Nuclear Materials, 493, 180-188 2019(共著)
キーワード:照射損傷、原子力材料、金属材料
PAGETOP